_HD_SKIP_CONTENTS

   
7月
2009年7月度 運営委員会議事録
日 時: 2009年7月1日(水) 19:00〜21:00
場 所: CRJA事務所会議室(Eastern Tower内)
出席者: 怒和、藤井、高桑、坪井、野末、大木、伊藤、持田、大町、
黒土、那須、花沢、白岩、勝本、西田、中田、吉野、
池田、岩佐、池添、西山(敬称略)、松田校長(日本人学校)
欠席者: 花田、櫛橋、宝来(敬称略)
議事録担当: 学校部会

議 事 内 容
1.8月8日開催チャリティーゴルフについて (イベント部会)
2009年8月8日(土) 於 Bangpra International Golf Club (11:42〜) ショットガン方式。
参加費用は基本1800バーツ/人(参加者100名+運営補助10名で想定)。
参加者が130名程度にまで増えれば、CRJAからの補填必要無し(事前調査では94名)。
参加費用1800バーツ/人にて承認。改めて正式案内を会員に送付。
協賛品について各社にアピールしておくように。
更に、各運営委員は更に参加者が増えるよう、情宣活動を実施する事。

2.図書室・事務所の運営について (コミュニティー部門)
1.
会議室(事務所)利用規定(案):ボランティアに運営を依頼するのは難しい。CRJA会員である産経旅行社に鍵の受渡並びに利用料金回収を委託。会議室での飲食は可、喫煙・飲酒は不可。キャンセル等については運営しながら別途検討。 
2.
図書貸出規定(案):ボランティア現在 5 名。貸出マニュアルはバンコク日本人会が使用しているものを参考にする。運営方法が確定次第、ボランティアを招集して打合せ( 8 月上旬頃)、準備状況次第であるが、 OPEN は 8 月中旬となる見込み。ボランティアについてはコミュニティー部門から各地区委員を通じ再募集。本棚が不足しているので補充する必要有り (10 棚くらい ) 。必要備品はボランティアに確認の上、準備。 → 利用規定案承認

3.SMSの準備状況 (安全部会)
会員間の緊急時を想定した電話連絡網に代わる情報システムツール。バンコクの泰国日本人会が利用。 CRJAではパソコン・電話線等ハード面は準備完了。DTACでサービスを開始するに際して、CRJAとして法人登録が必要とのこと。維持費用は約1000バーツ/月、詳細別途確認。
怒和会長の PASSPORT 、 WORK PERMIT 、並びに SANOH 社の会社登記簿の COPY を 7 月第一週中に準備。利用費用の請求書は SANOH 社に届くことになるので、 CRJA から SANOH 社に支払。

4.新型インフルエンザ アンケート結果 (安全部会)
シラチャにて日本人一歳児の新型インフルエンザ罹病確認。現在回復に向かっている(タミフル処方無し)。 家族については検査待ち。自分が感染していると疑わしい場合は、早めに検査を受けて貰いたい(季節性インフルエンザ検査費用は500〜600バーツ/人)。今回のアンケートは各企業の意識調査、各企業が集団感染を防ぐ為の対策を講じることが肝要。アンケート結果については大使館の意見を聞いた上で、急ぎ各企業に連絡。
追記) 新型インフルエンザ検査費用は4,000〜5,500バーツ/人

5.新規入会会員・退会会員の報告 (情報部会)
企業会員:入会無し、個人会員:入会 2 名

6.日本人学校サークル活動支援 (学校部会)
日本人学校でのサークル活動開始(英語保持、バドミントン、剣道)、サークルの登録が必要。
サークル活動中の事故についてはCRJAで一括して団体傷害保険に加入する予定。
尚、就学前の幼児についてはサークル所属員でないことから、上記保険ではカバーは不可。(学校からのお願い事項として、各サークルに注意を促す。) 保険料については原則年1回、各サークルの規模(人数)により、サークル部長が割振り、各サークル代表者に請求。
サークル活動並びに規約承認。CRJAサークル第一回定例会を開催。

7.日本人学校運動会〜2009年11月8日 (学校部会)
松田校長よりCRJAとしての出しモノ1〜2種目要請有り。参加者は大人。
「参加」にて全員一致で承認。学校部会で2種目アイデア出すこと(15分程度のプログラム)。 
景品は8月のチャリティーゴルフから捻出か。

8.工場見学会について (情報部会)
アコム村長が再選されたことを受け、予定されているWMS社への見学会について村長に地元の人々の参加を打診する必要有り。
時期については今月中は間に合わないであろうから、9月ということで再度設定して村長に打診。
地元の人々の参加が無ければ日系企業だけで実施。

9.ホームページユーザー登録状況 (情報部会)
6月末現在で63名の登録。内、23名がCRJA運営委員。運営委員以外では40名のみという状況。 ユーザー登録数が増加すれば、宣伝効果も増加し、レストラン・ゴルフ場等に広告を入れて貰い、CRJA会員に限った特典(割引等)も可能か。各運営委員は担当地区の会員に対し、ユーザー登録をして貰えるよう積極的に要請する必要有り。

10.CRJA記念品について (中田氏より)

CRJA ロゴ入りボールペンを 1 つ 1000 バーツ以下で 10 本作る必要有り。

→ 業者に心当たりの有る運営委員は中田氏に連絡。

11 . バンコク日本人商工会議所での講演会 (怒和会長より)
7月14日にバンコク日本人商工会議所にて「新型インフルエンザ対策」「従業員の不法行動」について講演会有り。 
→ 怒和会長出席

12 .シラチャ「タイ・日本」祭りについて (怒和会長より)
シラチャ市長から“シラチャ「タイ・日本」祭り”へのCRJAとしての参加要請有り。時期は今年年末。 CRJAの活動目標として「地域交流」を掲げており、参加は必要。但しCRJAとしては予算が無いので、会員からの寄付若しくは広告を出すスポンサーを募ることとなる。シラチャ日本人学校PTAのチャリティーバザーもここで開催すれば集客は比較的容易となる。
→ 「参加」にて全員一致で承認。7月3日にシラチャ市長に回答の予定。

13 .運営委員の交替
D1地区の大木氏が帰国。後任は大木氏と同じTHAI KOBASHI社の伊藤氏・持田氏の2名。

以 上



  条件検索へ

     

_HD_SKIP_PAGETOP