_HD_SKIP_CONTENTS

   
6月
2009年6月度 運営委員会議事録
日 時: 2009年6月3日(水) 19:00〜20:45
場 所: CRJA事務所会議室(Eastern Tower内)
出席者: 怒和、信崎、藤井、宝来、高桑、坪井、花田、
野末、大木、大町、櫛橋、那須、花沢、白岩、
勝本、西田、中田、吉野、池田、岩佐(敬称略)
欠席者: 池添、西山、黒土 (敬称略)
議事録担当: 安全部会

議 事 内 容
1.年会費の徴収状況確認(各地区委員/出納責任者)
・ 5 月末現在、 既存企業会員 7 社、新規企業会員 1 社が未納 。 →担当者は速やかに徴収の事。

2.5月度新規入会会員・退会会員の報告(情報部会)
企業会員:入会3社、退会1社 → 5 月末現在 194 社加盟
個人会員:入会3名 → 5 月末現在 26 名(確認中 2 名除く)

3.労務交流会実施報告(労務部会)
1.
実施概要
日時:
5/22 (金) 15 : 00 〜 18 : 15
場所: Cit y Hotel Sriracha12 階ホール
テーマ: 経済危機の状況における労務管理と労働法に基づいた正しい解雇の実行
講演者: タイ国労働省労働者保護福祉局労働秘書官 Mr.Varanon Peetiwan
労働省大臣 Mr.Phaitoon Kaethong 、労働省労働局長 Ms.Amporn Nitisiri 、チョンブリ県副知事 Mr.Pisit Boonchong がご臨席、挨拶を賜った。
参加者: CRJA 会員企業より、 113 社から日本人 115 名、タイ人 89 名(合計 204 名)。
Rayong 労働局、 Laemchabang 社会保険事務所、報道関係 11 社の出席あり。
2.
反省点:大臣の到着遅れやメイン講演の時間延長により、終了が予定よりも 1 時間以上遅れた。
3.
収支報告:支出 40,300 バーツ
大臣参加により会場をグレードアップするなど予算をやや超過したが承認。
4.
講演概要、写真(大臣、会場内)を HP に掲載する。

4.二人芝居実施報告(イベント部会)
1.
実施概要
日時:
5/17 (日) 16 : 00 〜 17 : 30
場所: 泰日協会学校シラチャ校体育館
演目: 上演許可否 →矢野かずきさん、岡田桂さん主演
2.
収支報告:収入 20,000 バーツ(全日空バンコク支店協賛)、支出 55,121 バーツ
予算 50,000 バーツのところ、 35,121 バーツの支出となり承認。
3.
上演の模様、写真を HP に掲載済み。

5.緊急連絡網運用改善について(安全部会)
1.
緊急連絡網運用基準(案)について
-
「緊急連絡網によって伝達する内容・タイミング」「稼動時における役員・委員の役割分担」の運用基準について討議し、承認された。
→ 広報部会にて個人会員連絡網(約 25 人)を早急に作成する。
2. SMS ( short message service )導入検討報告
1) 泰国日本人会 SMS 内容紹介
-
会員間の緊急時を想定した電話連絡網に代わる情報連絡ツールとして、「 dtac 」が提供するインターネットサービスを利用し、会員の携帯電話へ一斉にメッセージを送信するサービスを 2006 年から行っている。運用開始以降過去三年間で緊急メッセージを 5 回発信。
-
会員は事務局へ携帯電話番号の登録を申請する(任意)。登録者にとっては登録・維持・受信等の費用は係らず、泰国日本人会が負担する(維持費用は約 1000 バーツ / 月)。
-
送信可能な文字数は 160 文字 / 回。ローマ字及び数字表記となる。
2) CRJA としての導入(案)について
-
泰国日本人会同様、「 dtac 」が提供するインターネットサービスを利用する。
- 競合する AIS より費用が安く、将来的に泰国日本人会と連携し、一斉 SMS 体制を構築する可能性があるため。
-
導入にあたっては CRJA事務所 にパソコン(中古品あり)・電話回線(既に事務所契約に含まれている)・モデムを設置する。
- 通信速度が遅い場合は ADSL サービス( TOT よりも TT&T の方が安くて高速)に加入する。
-
維持費用としては見積りの結果、d tac の最低利用料金が 500 バーツ / 月( SMS 送信数ゼロの月)、 TT&T の ADSL に入ると +590 バーツ / 月( 3072/512KBPS )、 SMS 送信料は 0.9 〜 1.0 バーツ /SMS と想定される。
-
問題点としては、企業会員の社員・家族全て、個人会員の家族全てを登録対象にすると導入時の携帯電話番号登録、その後のデータ管理にかなりの負荷がかかる事が懸念される。
基本的に承認。但し、企業会員の連絡先 1 、連絡先 2 、及び個人会員(本人)を登録対象とする。将来的に会員のニーズが高まれば登録対象範囲の拡大を再度検討する。
SMS 導入作業、携帯電話番号の初期登録(約 400 件)が完了次第、 SMS による緊急連絡訓練(一斉送信テスト)を実施する。実施日・実施要綱等の計画を別途策定する。
SMS が軌道に乗った段階で、従来からの緊急電話連絡網は廃止する。

6.新型インフルエンザ対策意見交換会報告(安全部会)
1.
実施概要
日時:
5/14 (木) 15 : 00 〜 16 : 40
場所: 在タイ日本大使館
出席者: (在タイ日本大使館)大使、公使、参事官、領事部長、医務官、書記官 →合計 15 名 (邦人団体)泰国日本人会、アユタヤ日本人会、チョンブリ・ラヨーン日本人会、 JCC 、バンコク日本人学校、シラチャ日本人学校      
議題: 1. タイ国内における新型インフルエンザ対策について(タイ保健省報告、情報収集ポイント、基礎知識)
2. 在タイ日本大使館稼働状況、今後の対策について
3. 各法人団体の取り組み状況、大使館へのお願いについて
2. 議事内容を HP に掲載する。
3. チョンブリ・ラヨーンで家族の一時帰国等の事例があった場合、 CRJA 委員会に報告する事。

7.ホームページ改訂(案)について(コミュニティ部門)
1.
ホームページ改訂案の通り承認。今週末に改訂を実施する。
各会員によるユーザー名・パスワードの再登録が必要となる。運営委員は速やかに自己の再登録を実施した後、担当地区会員へ再登録の依頼を行う。
2. HP 運営費用: 39,590 バーツ(従来料金 32,100+ 今回の HP 改訂料金 7,490 ) →承認(情報部会予算 5 万バーツの枠内で対応)。

8.事務所会議室貸出し・図書室の運営(案)について(コミュニティ部門)
1.
ボランティア 3 名の応募あり。同一フロアに入居している企業にも協力を依頼する。
2. 7/11 (土)から運営開始。
3. 利用可能時間は土、日の 10 : 00 〜 12 : 00 、 14 : 00 〜 17 : 00 。
4. 会議室貸し出し: 1 時間 50 バーツで貸し出し。一回 3 時間を限度とする。 CRJA 会員限定。入口に予約表を張り出し、随時予約受付。
5. 図書室の運営:本の貸し出しは無料。貸し出し期限は 2 週間。 CRJA 会員限定。
6. 図書集めのイベント: 6/27 (土)、 28 (日) 10 〜 17 時に実施する。
原案の通り承認。事務所会議室貸出し・図書室の運営についての利用規約を作成し、次回運営委員会に付議する。

9.工場見学会について(情報部会・広報部会)
当初予定した日程では地元自治体関係者の大部分が参加できなくなったが、CRJA 会員企業のみを対象とし当初企画に基づき実施するか、一旦延期し、日程・見学先等を見直すか討議した。
→当初企画通り WMS社工場見学会を開催する事とした。日程等に関して再調整する。

10.チャリティーゴルフについて(イベント部会)
3 つのゴルフ場から見積もりを取りコスト・条件面を比較検討した結果、 8/8 (土)バンプラ GC にて開催するという事で承認。ティーオフ 11 : 42 。ショットガン方式。
→取り急ぎ日程確定の案内を会員に連絡する。

11 . CRJA 会員会費改定検討についての経過報告(コミュニティ部門)
1.
背景
- 現行の会費設定による年間収入約 80 万バーツに対し、当地区におけるコミュニティ活動の拡充を見込んだ今後の支出は約 110 万バーツと推定される。
- CRJA の会員は企業に属する邦人(家族含む)が 95 %以上を占めており、この収支不足額を穴埋めするために、企業会員の支援が不可欠と考えている。
2. 改定案(経過報告)
- 企業会員は現行の年会費 5000 バーツに加え、下記方式のどちらかを導入し増額する。
1)会員企業に在籍する邦人社員数× 500 バーツで算出する比例方式。
2)一定の邦人社員数毎( 1 〜 2 、 3 〜 4 、 5 〜 7 人など)に増額金額を設定するマトリックス方式。
- 個人会員は現行の年会費 500 バーツ(本人)に代え、下記方式を導入し増額する。
1)本人:年会費 1,000 バーツ
2)家族:子供なし(配偶者のみ) 年会費 500 バーツ
    子供あり(人数問わず) 年会費 700 バーツ
- 間に合えば今年度 10 月の中間総会に付議する方向で検討中。
運営委員会にて「予算見直し」「経費削減」をする事が第一であり、それでも足りないという状況になってからでないと会員の理解は得られない、という意見があった。引き続き支出削減を検討する。

12 .シラチャ日本人学校サークル活動について(学校部会)
- CRJA がシラチャ校のサークル活動を管轄するという事を承認した(学校からの要請事項)。
→ 別途サークル規約を作成し、次回運営委員会に付議する。
- すでに英語サークルをやりたいという申し出が CRJA へ寄せられている。

13 .商工部門副会長本帰国( 6 月下旬)に伴う後任人事
- 総会承認事項のため 10 月の中間総会に付議する。
- それまでの間は会長が兼任。

以 上



  条件検索へ

     

_HD_SKIP_PAGETOP