_HD_SKIP_CONTENTS

   
3月
2005年3月 幹事会議事録
日 時: 2005年3月2日(水)19:00〜20:00
場 所: シテイーホテル内CRJA事務所
出席者: 西田、白井、矢野、乾、新原、三竿、小原、酒井、末継、中田、宮本
議 事 内 容
2月に幹事改選後されて後の第一回目の幹事会であり、西田会長作成の資料に沿って以下の通り打ち合わせた。
1.教育部会
1.
地元校へのドネーション(BHT6万)実施報告
2.
タイ赤十字社へのCRJA会員会社18社分計BHT621,820.40手交報告
3.
日本領事館への新旧会長他挨拶報告

2. ‘05CRJA運営に関して、幹事(運営委員)としての心構えの確認
1.
‘05重点活動項目確認
2.
運営委員の役割確認  

3. CRJAの中長期的課題について幹事間で共通認識を持つべく内容の論議
1.
会としての形の整備・充実
1)
会員数(企業・個人)を増やすこと
チョンブリ、ラヨーン地区に日系企業が約400社進出している中でCRJAの企業会員数は153社(加入率40%)。ただし、アマタナコーン地区(約170社進出)はBKK文化圏であり、同地区を除くと加入率は70%弱となりそこそこの比率だが、80社程が未加入。地区委員が地区毎に未加入先を洗い出して折に触れて勧誘する。
2)
ホームページの充実:情報部会の項目参照   
3)
広報活動:プーアン(シラチャ情報紙)等にCRJAのイベント記事掲載して広く情宣する。
4)
法人化:CRJAの法人化は種々の観点から必要性が高まりつつある。デメリットもあると思われ、会長他で早急に検討する。
5)
専任者の設置:CRJAおよび、補習校でも必要性が高まりつつあり前向きに会長他で検討する。日本人の奥さんでボランテイアで引き受けてもらえる適当な方を探し、週数回CRJA事務所および補習校に来てもらい、謝礼を差し上げる(給与であると課税問題ある)ことを検討。
2.
補習校関係:4月より生徒数が増える為の教室確保の問題等について白井委員(補習教頭)より現状報告あり。2学期(9月)までは従来通りシテイー・ホテルの部屋を貸してもらう。シテイーへの教室の賃貸料についてCRJAより一部補助が必要となる見込み;月間BHT3万の賃貸料を父母会、STEP-TY社(先生の派遣元)、CRJAにて各BHT1万負担となる可能性ある。
3.
個人部会の活動:出来るところから行う。
4.
婦人に役立つ活動:ホームページに役立ち情報掲載、チャリテイーゴルフへの勧誘他が考えられる。
5.
地元校へのドネーション:この2年は、チョンブリ県・ラヨーン県の教育委員会経由都度行って来たが、今後もう少し大きな金額を体系的にドネーションすることを会長他で検討する。
6.
繰越金の扱い:大きな額となっており、予算は基本的に費消して活動内容を充実させる一方で、災害等に備えて基金の設置更には、会費の引き下げも今後検討する。

4.‘05年度各部会活動計画についての論議
2/18の総会にて承認されたスケジュール・内容の調整
1.
総会担当:両副会長および安全部会(中間)、労務部会(期末)
2.
教育部会:現状説明
3.
親睦部会:ゴルフ、忘年会の日程・場所は追って確定する。
4.
労務部会:第一回は予定通り5月開催。内容については追って確定。
5.
安全部会:会員名簿の改訂を早急に行い、それによって緊急連絡網の改訂を速やかに行う。
6.
情報部会:会員名簿更新実施、工場見学先検討。
7.
個人部会:活動内容は今後決定。

5.その他連絡事項
3月中に会費(企業・個人)を徴収する

以 上
担 当:吉田・宮本



  条件検索へ

     

_HD_SKIP_PAGETOP