_HD_SKIP_CONTENTS

   
2月

2020年2月度CRJA運営委員会議事録

■日時: 2020年2月12日(水)19:00〜20:00 
■場所: CRJA事務所(イースタンタワー1階)
■出欠: 出席 弘中、怒和、堀越、田村、宮地、阿部、中尾、中本、山川、西本(倫)、今村、鈴木、堂前、山本、八十島、疋田、大津、津田、西本、(日本人学校) 新子先生、小湊先生
欠席 大垣、矢田、家崎、星野、堀田、永松、三橋、高村、佐々木、嶺田
(敬称略)

■議題:

  1. 新規入会会員・退会会員について報告 (総務部会 中本委員)
    • 1月末時点で、法人会員287社(前月比4社増1社減)・個人会員12名(前月比増減なし)
  2. 1月度会計報告(出納責任者 中尾委員)
    • 中尾出納責任者より2020年1月の月次収支表について説明
    • 日本祭りの協賛金の源泉徴収票が揃わなかったが、入手できたもので税務報告をする
    • 2019年度会計監査について、堀越副会長とREX社とで協議をしながら進めている。3月運営委員会前後に 日本語版監査報告を提示する予定。
  3. 2019年度支出実績及び2020年度予算案(出納責任者 中尾委員)
    • 2019年の予実比の発表。昨年度実績をもとに、2020年予算案を作成した。
    • サービス委託費用110万バーツ。システム化費用20万バーツ計上。業務委託6万バーツで進める。
    • 会費収入は予算の280万バーツに届かない可能性があるので、入会を促して欲しい。
    • 予算内容を堀越副会長と阿部監査役とで確認したが、収入に対して赤字の予算であったため、運営委員会 では署名をせず、後日予算内容を調整することとなった。
  4. 1月18日の異業種交流会報告 (宮地安全部会長)
    • 第25回を開催し、14名が参加。会員10名と安全部会3名と宮野氏が参加。
    • 宮野氏から、シラチャでの出来事を開示出来る範囲で教えていただいた。
    • 役職や昇給についての悩みを話し合っていた。
    • 有意義な会になったとのお言葉をいただいた。
    • 趣向を変えて、やっていきたい。女性限定、工場長限定、部門限定など
    • 普段参加されない方にも参加して欲しい。他にもアイデアがあれば、いただきたい。
    • 安全部会より、コロナウィルスなどの件で、会で情報発信してはいかが?とのご意見をいただいた。
    • 正確な情報を確実に発信しなければならないので、今後の在り方について考えたい。
  5. 2月7日賀詞交換会報告 (山本イベント部会委員・代理)
    • 当日は午前中から役員が帯同して梨田大使を案内したので、AATとSANOHの工場見学、CRJA事務所や 領事出張サービスの部屋の見学をされた。
    • 18時半から開始。出席者96名。
    • 大使館関係者にも来賓としてご参加いただく。
    • マジックショーが盛り上がった。ピンマイクなどがあれば、参加者全員に聞こえていいと思う。
  6. 2月11日の工場見学会報告 (八十島商工部会長)
    • 今回はMITSUBISHI MOTORS (Thailand)様を見学。山本工場長様はじめ皆様のご協力のもと30名の参加者。
    • 総勢76名参加希望者の中から、CRJA役員担当者をのぞく26名を、各地区満遍なく参加出来る様に選出。
    • 抽選漏れの希望者には、地区委員から連絡。
    • 間違えて、落選された方が、お一人いらっしゃった。(社内連絡が、うまく行っていなかったため)
  7. 2020年のCRJA組織と地区委員ゼロ化について (弘中会長/田村副会長)
    • 地区委員がいないと困るリストを作成して、8項目にグループ分けした。
    • システム化をして、地区委員ゼロ化に向けて、移行期間として、同じ地区員にもう1年やってほしい。
    • バンコク商工会議所のHPを参考にする。
    • 会員用、非会員用で閲覧できるものを分ける。
    • 地区委員を無くしても、役員で対応しなければならない部分もある。
    • 部会は、部会長と副部会長を設け、副部会長は各部会により決める
    • 堀越副会長より、シラチャ日本祭りを部会レベルに上げるのは反対との意見があった。地区委員をゼロ化する 方向なのに、役員のみを増やすのでは企業会員に対しての利便性が下がるのではないか心配であるという理由。 またイベントばかりが強調されて、CRJAのイメージや風評が悪くなることが心配であるとの意見。
    • 日本祭実行委員長が副会長と学校理事まで兼務することも、仕事量から考えると機能しないと予想されるので、 これまでどおり部会に上げずに希望者を募って実行委員会形式で行うのが望ましいという意見。
    • 相談役というポストを新設するのも、地区委員を減らすという観点から、同じ理由で反対であるとの意見。
    • 地区委員ゼロ化の意見を地区委員からヒアリングをしたように、組織案も地区委員に聞いてもらうよう依頼した。
    • とりあえずの皆さんの意向を確認するために多数決を取り、結果は相談役を残す意見が多数であった。
    • 地区委員ゼロ化の多数決では、賛成多数であったため、委員会の中では決定とする。
    • 地区委員を完全にゼロにするわけでは無いが、減らすにはどうすればいいかを考えるべきである。
  8. 2020年年次総会準備について (総務部会 今村委員、田村)
    • 概略スケジュールと内容の再確認、案内発信、Web受付、資料提出〆等
    • 来賓、講演者の進捗、当日の役割分担
    • 役割分担表を配布。
    • 準備は順調に進んでいる。
    • 案内文を地区委員経由で発信していただく。
    • 役所に参加者名簿を提出しなければならず、タイ語表記を今回からWEB申込み画面に追加。
    • タイ語表記のお願いを案内文に追記すべき。
    • 参加者が全会員企業の半数を超えていない場合は、会の中での決議が出来ないので、委任状を一緒に送付する。
    • 3月6日申し込み締め切り。
    • 2020年役員・運営委員名簿案を作成。
    • 地区委員ゼロ化に向けて、現地区委員には継続してやって欲しいが、既に5地区は交代確定済み。
    • 2020年の活動計画案を作成。2019年のものを参考に作成。
    • 当日の式次第案作成済み。
    • 規定改定承認を追加。過半数の出席→3分の1以上の出席に改定
  9. 年次総会後の懇親会について (山本イベント部会員)
    • 会場、料理・飲物、形式(テーブル)、ゲスト、コンパニオン等
    • 懇親会の司会は西本イベント部会が担当。山本新会長が開会の挨拶。宮地副会長に乾杯の音頭を依頼。
    • ゲストは、昨年度と同じサチエリに依頼(出演料10,000バーツ)
    • 飲み物、コンパニオンの人数は、昨年通りを予定
    • 退任委員に渡す記念品の必要数を確認する
  10. CRJA在タイ日本国大使館連絡窓口について(田村副会長・代理)
    • 資料配布 領事関係14件、広報関係4件 各種照会 1件 その他活動 3件
    • 年が改まり、先月よりも利用者は少し増えましたが、特に最終週、コロナウイルスの関係か、1件も利用者がなかった。
    • 大使館へは、シラチャソムデット病院に中国人旅行者3名が入院したが、検査の結果、新型コロナウイルスとは違い、無事に中国へ帰国したことを報告。
  11. 2月29日の自衛隊訓練参加について (大垣副会長)
    • 急遽お願いしたが、30名+3名(飛行機には乗らない)の参加が確定。
    • 最終スケジュール待ちの状態。
    • 参加者に直接連絡が行く予定。
  12. その他
    ・次回の運営委員会は、3月11日(水)に開催。

以上



  条件検索へ

     

_HD_SKIP_PAGETOP