_HD_SKIP_CONTENTS

   
1月
2009年1月度 運営委員会議事録
日 時: 2009年1月21日(水) 19:00〜20:35
場 所: ケープラチャ 2階会議室
出席者: 西田、怒和、信崎、堀越、坪井、花沢、
中田、岸浦、富山、村上、佐藤、宝来、勝本、新原
池添、徳久、高桑、日高、藤井、大町、岩佐(敬称略)

議 事 内 容
1.総会準備状況確認
各部会  2008 年活動報告・ 2009 年活動計画
労務、情報、個人 1月22日までに作成、回付
安全、親睦 部会原案通り総会に提示することを承認
教育 ドラフト提出( 2008 年活動報告のみ)、後日完成版を回付
2008 年実績報告・ 2009 年予算
2009 年予算について以下を織り込む。
補習校関連: 補習校保有現金残高 327,200 バーツ( 2008 年 12 月末)
今後支出見込 238,000 バーツ+卒業式・閉校式経費 98,000 バーツ+補修費用?
今後収入見込 102,000 バーツ+日本人会補助 30,000 バーツ
補習校補修費用がかさんで不足が生じた場合は日本人会から補填。
残金出れば、日本人会に返金。
クリスマスパーティー経費を 20 万バーツに圧縮。
コミュニティー部門経費として 20 万バーツを計上。
司会者:佐藤
承認事項
集会所 下記案を付議(資料作成:中田) イースタンタワー1階(2部屋:補習校保有書籍/備品収納・会議室及び事務所)
(4,500バーツ+共益費 約1,000バーツ)×2部屋=11,000バーツ/月(光熱費別)
外数で、敷金/礼金各1ヶ月、エアコン・什器類購入要。
電話/FAX、パソコン、コピー機も設置。
常駐管理者は当面置かず。
総会用資料作成:中田
組織変更 下記案を付議(資料作成:怒和)
商工部門(信崎副会長統括)とコミュニティー部門(藤井新副会長統括)に分ける。
新設するコミュニティー部門は、イベント部会、学校部会、広報部会で構成。
広報部会  :ホームページ拡充、今後のニーズ発掘、情報紙発行検討
イベント部会:従来通りの親睦イベントに加え、地域社会との交流会開催(祭り・バザー等、
学校部会・日本人学校と協力)を検討
学校部会:  日本人学校のサークル活動サポート、地域社会との交流会開催を検討。
新役員 (資料作成:怒和)
各地区委員の変更案を確認(一部未定あり、2月4日までに確定)
部会担当案を確認
山九レムチャバンは、E2からE1地区に変更。
その他
資料表紙作成 [ 佐藤 ]
講師略歴手配 [ 西田 ]
議事順番( [ ] は説明者)
日本人学校設立準備委員会活動報告 [ 西田 ]
組織変更、規約改定、コミュニティー部門活動計画、集会所設置 [ 怒和 ]
商工部門各部会 活動実績及び計画 [ 各部会担当 ]
2008 年決算 / 会計監査・ 2009 年予算 [ 坪井 ]
新役員 [ 自己紹介 ]
※親睦部会の活動実績報告は説明省略(資料は配布)
※資料は 2 月 4 日までに作成、提出。取りまとめ、印刷手配 [ 坪井 ]
1 月 31 日までに出欠状況確認。取りまとめ [ 信崎 ]
10 月実施の「定例会」は「中間総会」に名称変更。
年次総会の担当部会は、労務部会から情報部会に変更。
新規会員を勧誘する機会として活用。
会費領収書は、各地区の現委員が準備。

2. 特別労務交流会
2月6日(金)午後開催(於:イースタンシーボードPlaza 1会議室)
講師:AAT菖蒲田社長
今回は特別に昇給情報交換も実施。

3. 次回運営委員会
2 月 4 日(水)、於:補習校
新役員候補者にも出席を願う。

以 上
担当: 安全 部会  日高



  条件検索へ

     

_HD_SKIP_PAGETOP